ブログ

媒介契約 続き・・・

2019.08.26

カテゴリー: その他

こんにちは。前回、媒介契約の種類と特徴についてお話させて頂きました。

今回は、それぞれのメリット・デメリットについて少しお話をさせて頂きます。

【専属専任媒介契約】

「メリット」

☆不動産会社からの報告頻度が3つの契約の中で最も高く設定されているので、売主が販売状況を把握しやすい。

☆契約を結んだ不動産会社でしか仲介できないため、専任よりも広告費用をかけるなど積極的に活動をしてもらいやすい。

「デメリット」

☆自分で買い手を見つけても不動産会社を介さずに売ることはできない。

☆1社のみに任せるため、その会社の力量次第で売却の時期や金額が左右される。

☆他社との競争がなく、営業が活発でないことがある。

【専任媒介契約】

「メリット」

☆不動産会社からの報告頻度が高く設定されているので、売主が販売状況を把握しやすい。

☆広告費用をかけるなど積極的な販売活動を行ってもらいやすい。

「デメリット」

☆1社のみに任せるため、その会社の力量次第で売却の時期や金額が左右される。

☆他社との競争がなく、営業が活発でないことがある。

【一般媒介契約】

「メリット」

☆複数の会社に仲介を依頼できるので、買い手の幅が広がる。

☆会社同士の競争意識がはたらき、営業活動が積極的になる。

☆レインズに登録しなくてよいので、売却物件が公にならない。

「デメリット」

☆販売状況の報告義務がないため、不動産会社がどのように活動しているか分かりづらい。

☆自社で売却できるとは限らないので、積極的な販売活動をしない可能性もある。

☆レインズに登録しない場合、物件情報が広がらない。

などです。

前回のブログでも書かせて頂きましたが、何の説明も無く専属専任媒介契約をされていて、ご相談が会ったときに書類を確認し気付かれる方も多いです。

弊社の場合お会いさせて頂いた時にもお話させて頂きますが最終的に決めるのは売主様です。それぞれに合った媒介契約をお勧めします。

ただ、今売却中の方もこれから売却される方にもお伝えしますが不動産売却で一番大事なのは媒介契約よりも、どの不動産会社に依頼をするかだと思います。ですので、信頼している不動産屋さんがいるとか、身内(お知り合い)の紹介があるとかだと別に不必要かとは思いますが、できるだけ複数社(3社以上)とお会いして信頼できる不動産屋に依頼されるのが一番いいと思います。

弊社も査定依頼やご相談などドシドシ受付しておりますのでお気軽にご連絡ください。

(もちろん無料です。)

 

 

この記事を書いた人:福本笑事株式会社:福本 信夫

TOPページへ戻る

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

PAGE TOP